2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ

2021年2月13日 (土)

「SBC」も馬鹿にできない?

以前、2016年から使い続けていたノイズキャンセラー(NC)付きの「BOSE QuietComfort20 IP BK」に引退勧告を突きつけ「Bose Sport Earbuds」に寝イヤの座を次いだまでは書きました。
ところが、あまりにも「Bose Sport Earbuds」が快適だったためと言うか「AirPods Pro」よりも音質的にも好みで、普段使いにしてもカナルじゃないから疲れない
こりゃぁ、ノイズキャンセラー付きの上位機種「Bose QuietComfort Earbuds」までをも入手すべきとと結論(^^;)品薄で結構時間かかったけど
Img_2063

ぶっちゃけ「Bose Sport Earbuds」は、軽く小さく寝イヤとして優秀なんだけど、真夜中と言うか、静寂時以外での寝イヤにはノイズキャンセラー機能は不可欠だったんです(-_-;)
で、後任の「Bose QuietComfort Earbuds」は「AirPods Pro」座をも蹴落とし家でも外でも大活躍!!
としかく「AirPods Pro」は再生プレイヤーアプリの個性を利用してイコライザーを調節してなんぼの音質だけど「Bose QuietComfort Earbuds」はイコラーザーなんか姑息な事は不要、そのまま最高の音を聞かせてくれます。
Boseだから誇張された低音系かと思いきや、Boseの癖に?ごく自然に嫌みのない感じで、音量小さくても低音の存在がある事がすごいとさえ感じる。
それでも欠点はあります。
構造上の問題でしょうか?風切り音が大きいので風の多い日の室外は気になりますね「AirPods Pro」はその点良くできています。

さて、ここから本題、以前「Bose Sport Earbuds」と「Nintendo Switch」を繋げてどうのこうのと遊んで音ゲーを「SBC」では使えない結論を出しましたが、これがGAMEじゃなくってPCと繋いで動画程度ならどうなの?って
σ(^◇^;)のPC音楽再生環境は「PC→光→「Mojo」→ヘッドホン」と結構マジです
ただ、ヘッドホンでは自由が利かないし、ながら作業なら「AirPods Pro」や「Bose Sport Earbuds」ってどうよ?
そこで少し調べると、Windows10のBluetoothバージョン:5.1(HCI 10.256 / LMP 10.256)って「AAC」に対応していないのです(^^;)ある意味当たり前だけど
しかも、ドングルやらUSBか光接続トランスミッター調べても「TXモード AAC」対応する製品がありません(^^;)まさかと思えるぐらい皆無
これ異常事態っす「aptX」すら対応していないBoseやApple製品ってWindows10だともう「SBC」しか選択肢がないのよって「SBC」地獄再びっすね(-_-;)

世間的に「SBC」は音が悪いってのが一般論調に成っているけど、マジな話、謎の中華物でもなければ「BitPool 53(328kbps)」に対応しているし、メーカーによってはもっと高いBitPoolに対応しているので音質的には別段悪くはない、もし「嘘じゃぼけぇ~」って言い返されたら、それは設定で「Hands-Free AG Audio」を選択してるんじゃないの?って笑ってやれば良いだけですσ(^◇^;)あっしは万が一の為に無効にしています
20210212

ただ「SBC」の音質は問題ないけど遅延だけはどうしようもないのが現実
でも「AAC」って謎だけど遅延に少し対応してるみたいで、数値だけなら遅延大きいはずなのにiPhoneで動画見ていても強い違和感がない( 一一)なんかやってんだろうな、不思議でげしょ?だからWindowsでピー

こりゃぁWindows10での「AAC」は無理って事で、一番の問題点「SBC」の遅延体験しようってYouTubeの動画で検証するべく「BBC HD audio sync test」を眺めて(@_@)クラクラ
確かに遅れているが、思ったより悪くないじゃないの?と思いつつ、見続けるとだんだん判らなくなってスゲェ遅れても見える(爆
σ(^◇^;)的感覚ではこんな感じで、結局ここで断念しちゃいました。

遅延度:0  ・PC→光→「Mojo」→ヘッドホン
遅延度:1~2・SBC (遅延 220ms前後)
遅延度:0~1・aptX(遅延 70ms前後)

気持ち悪くないそうなぐらい動画見て悩んだ結果、遅延は確かに存在するが、やたら気にしなければ、タイミングを重要視するGAMEには全く向かないが、動画程度なら許容範囲で十分妥協できるって言う超曖昧な結論でした(-_-;)可能ならaptX
じっくり聞くならヘッドホン一択ですが、Bluetoothの完全ワイヤレスだとトイレ行くにも自由です。
片耳だけって選択も可能だし、扱いがかわいそうな「SBC」も、ながらに使うには超便利

2020年12月 4日 (金)

宅配レンタルも必要だったが

長年、CD/DVDの宅配レンタルを「TSUTAYA DISCAS」を使っていたけど、コロナ騒動中「Amazon PrimeVideo+dアニメストア」を使うようになってからは、必要性を感じなくなり解約していました。
ところがですよ、旧作は良いけど新作とかとなると、「Amazon PrimeVideo+dアニメストア」は便利だけど単体でのレンタル料金ってのが割に合わないって気がしてしまうし、アニメやドラマの連続物なんかだと、チャプターが無いのでイラッイラしてマジむかつく
特に何回も見直す様なお気に入りが無料枠外れて突然有料化とか色々困っちゃうのσ(^◇^;)
そこで、再び「TSUTAYA DISCAS 宅配レンタル」を再契約しようとしたら、何故か出来ない?
問い合わせると、回答は速かったのだけど「同じキャッシュカードでは再契約できない」ってなに???
黒い履歴の有るカードじゃ無くって、他でも普通に使えているカードだしσ(^◇^;)のメインカードなんですけども、意味不明
要は「TSUTAYA DISCAS」のシステムが腐っているので、過去に履歴の有るカードは使えない仕様だけど、決め打ち過ぎでしょそれ(ー_ーメ)
他にも、解約再契約しているシステム有りますが、こんな理由で引っかかる事は初めてです。
他にも同じトラブル出ているそうで、別のカードや決済方法を変更すれば大丈夫ですって、舐めてんのか?
そんな糞システムにこっちが合わせてやる義理は無いんだよ!凸(-_-メ) Fuck You!! 
「TSUTAYA DISCAS」には、旧作レンタルに関しては良い部分があるので、再契約したいから、システム治ったら連絡入れろと伝えて居ますが、仕方ないので「DMM.com」で暫く繋ぐ事としました。
旧作大量に借りたいので「TSUTAYA DISCAS」か「DMM.com」しか選択肢が無いのよねぇ
あ「DMM.com」は一度解約した履歴のカードでも再契約できましたよってこれが普通です(--;) ウ

2020年12月 2日 (水)

「バッキャロー」なんてもう使わない

先日、突如始まったNASのエラー攻撃に、数々の抵抗空しく降参しました(--;) ウ
記録調べたけど、何時購入したのか?履歴が見つからない(笑
でも、内蔵HDDが2017年4月製造だからその後なんだろうなとは思うけど、この手の物としてHDDじゃなくって基板が3年で壊れるのは微妙ですねぇ・・・まぁBUFFALOだし仕方ないかぁ(^_^;)\(・_・) オイオイ
そこで、次の製品を選考するんだけど、何処にしよう?
まぁ使いやすい候補は「I-O DATA」と「Synology」ぐらいな物で、ニッチな周辺機器だけに選択肢は絞られてしまいますしぃ「バッキャロー」なんて論外!
簡単に言うと、外からのアクセス等、本格的に使用するならば搭載するHDDを自分で用意する「Synology」が一番柔軟で、何でも出来るし面白そうですが、家庭内で共有程度なら「I-O DATA」で十分とも言えます。
そこで、価格動向を探っていると「I-O DATA NAS デュアルコアCPU 2TB HDL-AAX2/E」が、ノーマル1TBモデル並みと激安だったので、思わず飛びついてしまった(爆
だってさσ(^◇^;)の目的は、家庭内共有とメディアサーバー程度ですからね十分なんです。
さぁってと、お品も届いたし、観察して初期設定開始!
BUFFALO LS510D0101」と「I-O DATA HDL-AAX2/E」を比較して大きな違いは、「HDL-AAX2/E」には、冷却ファンが搭載されている事
そう言えば、昔使っていた「I-O DATA」のも冷却ファン搭載されていたね、やっぱ必要なんだなぁって勝手に納得したけど、これ結構五月蠅い(^0^;)設置場所では気になるよ
とりあえず「CrystalDiskMark 8」でお決まりBench取って見たら、同じくデュアルコアCPUだけど、世代の違いでしょうね、結構違う結果が出ました。
実際のファイル転送など操作感覚も、明らかに速度差を感じますし、NASとしてかなり快適です(^.^)
ファイルの共有は簡単ですが、メディアサーバー機能を有効にするには機能追加が必要で、その後フォルダを指定して有効化させる手順を踏みます。
σ(^◇^;)は、YAMAHAのネットワークプレーヤー「NP-S303」で音楽再生にNASを使っているんだけど「BUFFALO LS510D0101」時代は、iTunesとの相性が悪いというか「AAC、AIFF」ファイルを通してくれなくって、散々悩みまくって禿げそうになったところで「BUFFALO」は対応してない事を、同じ困ってる人のNET情報で知るとかもう口から魂出ますって(--;) ウ
結局「WAV」ファイルで保存して再生していましたが、iTunesでは「AIFF」ファイル使ってるし、別にWAV用意するとか超面倒(T_T)
ほんっとマジでDLNAサーバーって主張するなよな凸(-_-メ) Fuck You!!
ところがですよ「I-O DATA HDL-AAX2/E」にはそんな苦労一切無い!
それこそiTunesの保存先フォルダをメディアサーバーの共有先に移動させるだけ
後はネットワークプレーヤー「NP-S303」でサーバーフォルダを指定すればそのまま再生できるし、専用アプリ「MusicCast」を使えばプレイリストも作って更に便利に使える
もう、口から魂出るほどの苦労は何だったのだろうか?
忘れていたよ「腐ってもI-O」って格言を思い出したっす

Img_1669 
予想以上に安かったので飛びついてしまったσ(^◇^;)

Img_1683
「BUFFALO LS510D0101」と「I-O DATA  HDL-AAX2/E」大きさに差は無いです

Img_1675
「I-O DATA  HDL-AAX2/E」で大きな差は、冷却ファンの有無ですねσ(^◇^;)ちょっと五月蠅いけど

Nass1
「BUFFALO LS510D0101」も、同じデュアルコアCPUだけど・・・

Nassio
「I-O DATA NAS デュアルコアCPU 2TB HDL-AAX2/E」やっぱ性能良いねぇ

Nassettei
AV系ファイルの共有は、メディアサーバー機能を追加して、その後フォルダを指定して有効化させるればOK。

Img_1690
YAMAHAのネットワークプレーヤー「NP-S303」で音楽再生に大活躍でっせ

Img_1704
専用アプリ「MusicCast」を使えばプレイリストも作って更に便利に使えます(^.^)

 

2020年11月25日 (水)

据え置きMojoの発熱対策

8月に、PC用ヘッドホンアンプを、モバイル用途のMojoに変更してから、厚みの有る音質に大満足のσ(^◇^;)
ただ、最初から少々心配していた発熱問題で、試しにビットレートを上げて、追い打ちをかける様に充電しながら長時間使うともうアッチッチで最悪“サーマルカットアウト機能”が発令され落ちてしまう(--;)やりすぎ
まぁ、基本はCD音源標準の44.1KHzなので、そこまでの発熱は避ける事が出来ますけど、それでも触れたくない程度のアッチッチには成るし、手元に有ったヒートシンクを乗せて使っていたけど、あまりにぶざまで悲しくなってしまった(爆
そこで、丁度良さそうなヒートシンクを購入して貼り付けたら、これ最高!な出来具合
さっそく動作させたところ、熱の伝わり具合に放熱も良い感じで、長時間使っていてもアッチッチと言うよりも「まぁまぁ暖かい?」程度に抑える事が出来ています。
まぁ、もしこれでも足りなかったら裏側にも貼り付ける事が出来るので、ハイレゾ再生しても心配はなさそうですね
密度の濃い音を聞かせてくれるので、Mojo大好きσ(^◇^;)Img_1580
手元に有ったヒートシンクを乗せて使っていたけど、あまりにぶざまで悲しくなってしまった(爆

Img_1585
丁度良さそうなヒートシンクを購入してみました。

Img_1590
熱の伝わり具合に放熱も良い感じで、長時間使っていてもアッチッチと言うよりも「まぁまぁ暖かい?」程度に抑える事が出来ています。

2020年10月18日 (日)

SwitchにBluetoothを

「Bose Sport Earbuds」を購入して、長年懸案だった寝イヤの問題を解決する事が出来、大変満足しています。
そこで、その活用範囲を広げようかと模索していて「Nintendo Switch」にどうだろうか?
ワイヤレスに成るって便利だし・・・って試してみました。
問題は「Nintendo Switch」に「Bluetooth」機能が無いって事・・・何でだろう??
思うに「Bluetooth」には遅延があるからGAMEには不向きって判断なんだろうと勝手に想像はしているけど、スマホGAMEでは「Bluetooth」は常識の時代ですから携帯機としての「Nintendo Switch」には必要な機能じゃ無いのかな?って思いつつ
手元にある機材にBluetoothオーディオの送信機「Creative BT-W2」が有る!
問題は、端子が「Nintendo Switch」の「USB Type-C」じゃないので、変換プラグを介して繋ぎますが、普通の操作で思ったより簡単に「Bose Sport Earbuds」に接続できちゃいましたσ(^◇^;)あらら
音も出るし「Switch」から離れて圏外に成ってから、戻って再接続できて、全く問題なしです。
煩わしいケーブルも無いしで最高の環境です。
ただ、気になるのは「Creative BT-W2」と「Bose Sport Earbuds」だと、SBCコーデックで接続されているはずですけど、遅延がねぇ

「Creative BT-W2」対応Bluetoothコーデックの一覧
 ・SBC(SubBand Codec 遅延220ms前後)
 ・aptX(遅延 70ms前後)
 ・aptX Low Latency(遅延 40ms未満)

早速GAMEでテストですけど、結論は「SBCでは音ゲーには使えない」という結果です(T_T)
試したのは「太鼓の達人(体験版)」だけですけど、ワイヤードイヤホンでは問題にならない太鼓のタイミングが、イライラする程ズレまくり、全く遊べません(--;) ウ
効果音中心の遅延に影響されないゲームでは快適ですが「SBCでは音ゲーには使えない」事がはっきり体感できました。
ある意味「縛りゲー」好きのドS君には、超お勧めできます(^_^;)極めてください
遅延に関してはゲーム内で感度調整できますけど、調整してまで使うのはめんどいので、音ゲーには使わない事に決定!
お次はとBluetoothヘッドホンアンプ「FiiO BTR3」を使ってみます。

「FiiO BTR3」対応Bluetoothコーデックの一覧
 ・SBC(SubBand Codec 遅延220ms前後)
 ・AAC 128kbps(Advanced Audio Coding 遅延120ms前後)
 ・AAC VBR 256kbps(Advanced Audio Coding 遅延800ms前後)
 ・aptX(遅延 70ms前後)130ms
 ・aptX Low Latency(遅延 40ms未満)
 ・aptX HD(遅延 130ms前後)
 ・LDAC(遅延 1000ms前後)
 ・HWA(遅延 ビットレートにて3段階)

「FiiO BTR3」では、最適なコーデックで接続されるので、超低遅延の「aptX Low Latency」に成るはずだからσ(^◇^;)レベルなら感じる事は出来ないはず
早速繋いだら、まじワイヤードイヤホンと何ら違いを感じない次元で「太鼓の達人(体験版)」を遊ぶ事が出来たのです。
やはりBluetoothはコーデック次第で結果が大きく左右されちゃいますね
Bluetoothは便利ですが、事GAMEとなると、まじで遅延に注意して製品選択しましょう
今回は手元にあった「Creative BT-W2」でしたが、SwitchやPS4(たぶんPS5)の音声をワイヤレスにするには「USB Type-C」の「Creative BT-W3」がお勧めで、手軽に取り扱えるしとっても便利です。
ただ、Bluetoothのコーデック「aptX Low Latency」に対応したヘッドホンやイヤホンを選ばないと不幸な事になってしまいますよ(^_^;

Img_1430
手元にある機材にBluetoothオーディオの送信機「Creative BT-W2」と「Nintendo Switch」に繋ぐ為の「USB Type-C」変換プラグ

Img_1439
「Creative BT-W2」と「Bose Sport Earbuds」だと、SBCコーデックで接続されるので音ゲーでは使い物になりません

Img_1434
「FiiO BTR3」では、超低遅延の「aptX Low Latency」が使え、まじワイヤードイヤホンと何ら違いを感じない次元で「太鼓の達人(体験版)」を遊ぶ事が出来ました

2020年10月15日 (木)

寝イヤ「BOSE QuietComfort20 IP BK」に引退勧告

悲しきかな、脳鳴きが始まってからは、寝イヤに頼って音楽を聴きつつ就寝時する様になっていて、2016年から使い続けていたノイズキャンセラー(NC)付きの「BOSE QuietComfort20 IP BK」に、とうとう寿命が訪れた様で、突如ノイズが乗る様になってしまい、Bluetooth化したり色々誤魔化しつつ使っていましたが、解決には成りません(--;) ウ
こうなったらと次の機種をと探して、手持ちのイヤホンで色々試していたけど、カナル型は耳栓効果はあるが、マウスピースを愛用している為に歯を力が入るとカナル型では骨音が伝わりσ(^◇^;)的に言えば寝イヤに向かないない
唯一良かったのと言うか最高だった「AirPods Pro」でしたが、本体強度が貧弱の為に頭の重量で圧迫されると壊れる事が解り却下
そうなるとやっぱBose系で探すとなると「QuietControl 30 wireless headphones」なんだけど、首輪が気になるし、評価的にみて構造上強くなさそうで寝イヤには無理だろうなと諦め、最悪「QuietComfort 20」の現状機を購入して使って行くかぁっと諦めかけていました。
そんな時ですね、Boseから新しいフルワイヤレスイヤホンが発売される事を知ったのは、とにかく延命しつつ情報をひたすら待ち、やっと発表にヽ(^o^)丿
NC機能搭載モデル「Bose QuietComfort Earbuds」とNC非搭載の「Bose Sport Earbuds」の2モデルを10月15日に発売と出たのです。
やったぜべいび~と昭和な台詞を吐きつつ、何が違うのかなぁっと仕様を確認!
「Bose QuietComfort Earbuds」だと、NCは11段階でコントロール可能とかなりの高機能、イヤホン単体で最大6時間駆動とバッテリーは普通かな?
でも、寝イヤとして使うには、NCは欲しいけど高機能だと本体も大きくなるし故障の要因も増える
イヤホン単体で最大5時間駆動で十分なので、元々「MIE2i mobile headset」使いだったσ(^◇^;)は小型の「Bose Sport Earbuds」を速予約購入して、公約発売日の本日、無事手元に届きました。
早速開封して就寝用ipadにセットアップです。
ペアリングするとアプリのダウンロードに導かれるので迷う事無くセットアップを完了させる事が出来ます。
NC機能は無いけど、死にかけてる「BOSE QuietComfort20 IP BK」と外音遮断に大きな差は感じなかったのは良い傾向でした(^.^)
耳に装着していても、カナル型と違い圧迫感は無く、頭を振っても安定感も有り、ぽろぽろ落ちる様な感じは全くしないのは、Sportを謳っているだけなのでしょう?
音質は「BOSE QuietComfort20 IP BK」より格段に良く、良くも悪くもBOSEらしさを感じられる味付けに、小音量で聞く寝イヤには良い感じです。
一番心配なのが、寝ている時に絶対横向きますから、頭の自重に耐えてくれるかですね
もし、1年以上耐える事が解れば、上位機種の「Bose QuietComfort Earbuds」を追加購入しても良いかもと思います

追記:
数日使って思った事だけど、BOSEってなんで対応Bluetoothコーデックが“SBC/AAC”だけなのか?
ハイレゾなんて不要だけど、せめて“aptX”ぐらいは欲しいし、ゲームを考えると“aptX Low Latency”も欲しい、これでターゲット層増加するはずなんだけどなぁ・・・不思議です

Img_1413 Img_1417
「Bose Sport Earbuds」の化粧箱と内容物です

Img_1426 Img_1423
「Bose Sport Earbuds」本体と充電件ケース

Img_1428 
充電は、USB Type-Cで準電量はLEDゲージで判断できます

Img_1605 
アプリで本体状態を確認できますし、プレーヤーの操作も可能

2020年8月28日 (金)

持ち出さなくなったのでMojoを据え置きにした

最近、出かける機会が極端に少なくなってしまったのと、Bluetoothで使うNCイヤホン・ヘッドホンが音質を失う欠点を補う以上に便利で、ポータブルのヘッドホンアンプを使う機会が全くなくなってしまった事で悩んでいました。
音質的に目茶苦茶はまった“CHORD Mojo”の嫁ぎ先を探す手も有りつつ、どうにも吹っ切れなくって、いっそデスクトップ機の据え置きととして使ってみようかとσ(^◇^;)軽い思いつき
それでも、デスクトップ機の据え置きヘッドホンアンプは、ラトックシステム“REX-A2496HA1”を使っていました。
満点あげるほど素晴らしい訳では無いけど、電源要らず(USB給電)で24bit/96kHz対応とまぁ普通に使うには、問題ないんだが、音質的にはシャリシャリしていて低域成分がもう一歩足りずσ(^◇^;)の好みに合わず、ヘッドホンやイヤホンも低域寄りの物で無いと疲れてしまう癖を持っています。
そんな癖を持っているから思いついたんでしょうねぇ・・・なんせ“CHORD Mojo”は低音モリモリで、アナログっぽい濃厚な音を出してくれますからねぇ
ここらへんの善し悪しは好みの問題でσ(^◇^;)は大好きなんです
所詮ヘッドホンだし、ハイレゾを聞く訳でも無いので、目茶苦茶オーバースペックですけど、CD音質で満足するには十分!
接続は、USBだとノイズを拾う可能性を考慮するのと、随分ポータブルで酷使したので端子のくたびれた“micro USB Type-B”端子は止めて、オプティカル端子を使う事にしました。
“micro USB Type-B”や“コアキシャル”より上限の制約があるけど、ハイレゾを聞く訳でも無いので、な~んの問題も無い(^.^)一番高くてBDの48kHzです
熱問題も、ハイレゾ設定しなければさして気にする必要も無い
唯一の心配事は、内蔵バッテリーが亡くなった時ですが、その時に外部電源駆動を考えれば良いかなっとσ(^◇^;)秋月のキットで何とかなんりそうだし
やはり、濃厚な音は嬉しいですねぇ、じっくり聞いていられます(^.^)
Img_1349
デスクトップ機の据え置きヘッドホンアンプは、ラトックシステム“REX-A2496HA1”を使っていました。

Img_1350
電源要らず(USB給電)で24bit/96kHz対応とまぁ普通に使うには、問題ないんだが、音質的にはシャリシャリしていて低域成分がもう一歩足りずσ(^◇^;)

Img_1352
Img_1355
GIGABYTE Z390 AORUS MASTERでは、オプティカル端子があるので活用することにしたよ448 
Realtek Audioの、設定画面
Img_1356
オプティカル端子だと“micro USB Type-B”や“コアキシャル”より上限の制約があるけど、ハイレゾを聞く訳でも無いので、な~んの問題も無い(^.^)一番高くてBDの48kHzです

Img_1357
熱問題も、ハイレゾ設定しなければさして気にする必要も無い
唯一の心配事は、内蔵バッテリーが亡くなった時ですが、その時に外部電源駆動を考えれば良いかなっとσ(^◇^;)秋月のキットで何とかなんりそうだし

2020年8月20日 (木)

もう限界を感じてTV買い換えました

まぁTVと言ってもメインの大きい奴じゃ無くって、ダイニング用の小さい奴なんですけど、これはこれで拘り入れて使っているTVでもあります。
インチサイズは19インチと現代では小さい部類で、昔のTVだったら15インチになるかなぁ?
ま、ようは底辺のTVだって事なのね(^0^;)
そいで、随分酷使しちゃったのかなぁ・・・
頑張ってくれていたのですが、液晶に一本スジが入り、それがジワジワ浸食してくるんですよね、しかも幅が広くなり色が変わったりして、それでも左側だったのであまり気にせずにしていたら、更に主張を始めて、今度は別の部位にも子分を配置しだし、流石に根負けです(--;) ウ
Img_1315_20200821191901  
イザ代わりのTVを探そうにもσ(^◇^;)には、USB-HDDによる録画とHDMI2端子に光出力端子付きって言う3点だけは、どうしても譲れない条件があり、その条件を満たすのって東芝REGZAのみってのに変な驚きを感じちゃいました(^0^;)時代なんだなぁ
確かに、光出力端子付きってマニアックなのかなぁ(--;)メインのTVもだけど、ノイズ無く音声出すにはこれ無いと困るんす。
そんな訳で「19S22」を購入!
届いて見て吃驚!
なんか、箱が小さくて、こん中にTV入ってるんだろうかってぐらいメッチャ軽い(^0^;)
交換前「19R9000」の質量:5.1kg(スタンド含む)に対して、新しい「19S22」は2.5 kgと異様に違うのが原因ですね、とにかく軽いんです
幅x高さx奥行なんて、「19R9000」が476x362x208mm、「19S22」では462x300x143mmと、同じ液晶サイズとは思えないほど小さくなってるしぃ(゚-゚)
まぁそれはどうでも良いけど、小さくなった事の弊害で、画面の位置が下に成りすぎて見難いのです(T_T)
仕方なく使わなくなったBD再生機を台として置き、調整したけどもぉ何かもっとちゃんとした奴、調達するしかないかなぁ・・・ホムセン行ってみる
で、使ってみた感じですが、第一印象で液晶の品質は「19R9000」より落ちているのが解ります。
解りやすいのは、液晶の視野角が狭くなってますね「19R9000」では大丈夫だった横位置から見ると白っちゃけますし、色乗りがあっさりしていると言うか艶が無い
まぁ19インチで、そんな事求めちゃあいないけど、新旧比較するとその辺が真っ先に気がつきました、調整して妥協点を見つけるつもりです。
あ、音は「TW-D77OPT」を使っているので、本体スピーカーから音出してないから、音質解りません(爆
とりあえず、この価格帯で購入できる19インチ液晶TVとしては、文句ないですし、世代が違いますから当たり前ですけど、処理速度も速くなっていて中身も色々軽くなっています。
このサイズに4Kの波は来ないでしょうから、間違いなく壊れるまで働いて貰いますσ(^◇^;)
Img_1339_20200821185001  
同じ液晶サイズとは思えないほど小さくなってるしぃ(゚-゚)
まぁそれはどうでも良いけど、小さくなった事の弊害で、画面の位置が下に成りすぎて見難いのです(T_T)

Img_1342_20200821185001  
仕方なく使わなくなったBD再生機を台として置き、調整したけどもぉ何かもっとちゃんとした奴、
調達するしかないかなぁ・・・ホムセン行ってみる

2020年4月18日 (土)

コロナ対応引き籠もり計画変更して

旧ブログのブログサービス先撤退から、放置していたリンク切れ問題も、自分で作った物は復元でき、まぁこれで許してやろう?っと一段落
その間、コロナ対応引き籠もり計画発動時、すでに発注しちゃっていたけど品切れになっていた“Fire TV Stick 4K”が届きいてしまい、第3世代“AppleTV”を使って“Amazon Prime Video”を映す事ができてしまったので、どうしようか悩んでいましたσ(^◇^;)
まぁ届いたんだから、当初の予定通り動作試験に我が家のメインTVに繋いで設定したら、第3世代“AppleTV”より、確実に操作性も解像度も良く・・・だよねぇって感じ(^_^;
第3世代“AppleTV”の映像って、締まりが無く少々白っちゃけてる感じで、やっぱ、メインは“Fire TV Stick 4K”にしようと思ったけども、サブTVでは地デジとBD程度の環境が無く、それなら“Fire TV Stick 4K”をサブTVに繋げれば、こっちでも“Amazon Prime Video”映せるんじゃね?って事に・・・だって見る物無いんだもん(T_T)
サブTVって、19インチで液晶死にかけてるし“Fire TV Stick 4K”繋げるにはかなり勿体ないけど、非常事態ですからこの際仕方ない(^0^;)“AppleTV”は音楽も担当なので
ところが、設定中に問題発生
我が家はメイン・サブ共に“REGZA”なので、混信しないようにリモコンコードをメイン「1」サブ「2」に設定してしているけど、リモコンコード2に設定する術が解らない(--;) ウ
まぁメインTVのコードを2に変更すれば済むけど、メインTVのコードを変更すると、他にも変更しなければならない他のリモコン機器が複数有って面倒なんだよねぇ(^_^;
そこで“REGZA”のリモコンで“Fire TV Stick 4K”の操作ができる事を知り、早速TVでの「HDMI連動機能」を生かすと、サクッとREGZA”のTVリモコンで“Fire TV Stick 4K”の操作ができちゃったっす
操作って言ったって、番組選んで選択程度しか使わないのでもう十分だし、サブTVのリモコン使うのでコード問題も不要でリモコンの数増やす必要も無いヽ(^o^)丿ヤリィ
本来の目的と違うけど、コロナ対応引き籠もり計画巧くいってますImg_0896_20200418190201
“Fire TV Stick 4K”の箱は結構小さいです
Img_0899_20200418190201 
箱の中身は、一番大きいのがリモコンで、結構色々入っています。 Img_0914
Wifiだから接続はHDMIだけで簡単です
Img_0905 
初期設定が済んだら、色深度を“最大12ビット”に変更して画質を良くします。Img_0906
リモコンコード問題で“Fire TV Stick 4K”のリモコンでTVの操作しないよう設定
Img_0904 
基本設定終了して画面表示完了!・・・寿命寸前で液晶が死にかけていて縦スジが気になります
しかも、リモコン問題が残ってる(T_T)
Img_0907
「HDMI連動機能」を生かすと、サクッとREGZA”のTVリモコンで“Fire TV Stick 4K”の操作ができちゃったっす
Img_0908_20200418190201
サブTVのリモコン使うのでコード問題も不要でリモコンの数増やす必要も無いヽ(^o^)丿ヤリィ

2020年4月 6日 (月)

コロナ対応引き籠もり計画 その2の副産物

まぁ“コロナ対応引き籠もり計画 その2”でも書いたけど、当初の目的は“AppleTV”のTV機能はガン無視で、中古の第3世代“AppleTV”導入し、AVのAを組み直しましたが、実は副産物でAVのV(ビジュアル)も対策できちゃいました(^^;)
最近のTV番組は、どのチャンネルでも同じ物ばかりで集中する様な番組は少なく流し見主流ですけど、元来、映画やアニメ等出来物は集中して見るので、宅配レンタルを長~く使っていて、かなり重宝はしているけど、籠もるとなると全くもって効率が悪い(--;) ウ
ならスカパー契約しているから契約チャンネル増やせば良いかも?
ところがどっこい、スカパーって見たい番組なんてほんのちょっとで、金出してまで(韓)とか絶対に見ない物が流れるとか全く以て宜しくない
となると救いの先はネットだなぁっと進みたくとも、残念だがσ(^◇^;)のTVは地デジ初期型ですから全くネット未対応(T_T)
そこで、iPhoneでの無料体験とかしたが、呆れるほど見る物が無い為に、即切ってガン無視していた“AppleTV”のTV機能ですけど、スマホアプリとは違いって動かしてみると“Amazon Prime Video”と“YouTube”が有るじゃ無いのσ(^◇^;)と言うか他にもいっぱい対応していてビックリ
“Amazon Prime”は契約しているけど“Amazon Prime Video”は、全く使ってなかったので、試したら契約内で鑑賞できる動画だけでもう必要十分、見直したいシリーズ物も豊富で飽きないで済みそうなぐらい使えるのには驚いちゃいました
普段はPCでしか見てなかったけど“YouTube”は暇つぶしに最高だし、画質がチョビット甘い気がするけど、副産物として十分すぎる評価で、当初の目的以上に使われ出しました(爆
まさかまさかの結果ですが、それなら“AppleTV”を最新型にすればもっと快適に?と思われそうですけどもぉ、最新型では光端子が無いので同じ事ができないジレンマが恨めしいですねぇ・・・(--;) ウ 
Img_0870 Img_0888
“AppleTV”のTV機能で“Amazon Prime Video”と“YouTube”が有るじゃ無いのσ(^◇^;)と言うか他にもいっぱい対応していてビックリ
Img_0885_20200406213601
“Amazon Prime Video”は、全く使ってなかったので、試したら契約内で鑑賞できる動画だけでもう必要十分、見直したいシリーズ物も豊富で飽きないで済みそうなぐらい使えるのには驚いちゃいました


より以前の記事一覧