2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 寝イヤ「BOSE QuietComfort20 IP BK」に引退勧告 | トップページ | Windows 10 October 2020 Updateが来たぁ »

2020年10月18日 (日)

SwitchにBluetoothを

「Bose Sport Earbuds」を購入して、長年懸案だった寝イヤの問題を解決する事が出来、大変満足しています。
そこで、その活用範囲を広げようかと模索していて「Nintendo Switch」にどうだろうか?
ワイヤレスに成るって便利だし・・・って試してみました。
問題は「Nintendo Switch」に「Bluetooth」機能が無いって事・・・何でだろう??
思うに「Bluetooth」には遅延があるからGAMEには不向きって判断なんだろうと勝手に想像はしているけど、スマホGAMEでは「Bluetooth」は常識の時代ですから携帯機としての「Nintendo Switch」には必要な機能じゃ無いのかな?って思いつつ
手元にある機材にBluetoothオーディオの送信機「Creative BT-W2」が有る!
問題は、端子が「Nintendo Switch」の「USB Type-C」じゃないので、変換プラグを介して繋ぎますが、普通の操作で思ったより簡単に「Bose Sport Earbuds」に接続できちゃいましたσ(^◇^;)あらら
音も出るし「Switch」から離れて圏外に成ってから、戻って再接続できて、全く問題なしです。
煩わしいケーブルも無いしで最高の環境です。
ただ、気になるのは「Creative BT-W2」と「Bose Sport Earbuds」だと、SBCコーデックで接続されているはずですけど、遅延がねぇ

「Creative BT-W2」対応Bluetoothコーデックの一覧
 ・SBC(SubBand Codec 遅延220ms前後)
 ・aptX(遅延 70ms前後)
 ・aptX Low Latency(遅延 40ms未満)

早速GAMEでテストですけど、結論は「SBCでは音ゲーには使えない」という結果です(T_T)
試したのは「太鼓の達人(体験版)」だけですけど、ワイヤードイヤホンでは問題にならない太鼓のタイミングが、イライラする程ズレまくり、全く遊べません(--;) ウ
効果音中心の遅延に影響されないゲームでは快適ですが「SBCでは音ゲーには使えない」事がはっきり体感できました。
ある意味「縛りゲー」好きのドS君には、超お勧めできます(^_^;)極めてください
遅延に関してはゲーム内で感度調整できますけど、調整してまで使うのはめんどいので、音ゲーには使わない事に決定!
お次はとBluetoothヘッドホンアンプ「FiiO BTR3」を使ってみます。

「FiiO BTR3」対応Bluetoothコーデックの一覧
 ・SBC(SubBand Codec 遅延220ms前後)
 ・AAC 128kbps(Advanced Audio Coding 遅延120ms前後)
 ・AAC VBR 256kbps(Advanced Audio Coding 遅延800ms前後)
 ・aptX(遅延 70ms前後)130ms
 ・aptX Low Latency(遅延 40ms未満)
 ・aptX HD(遅延 130ms前後)
 ・LDAC(遅延 1000ms前後)
 ・HWA(遅延 ビットレートにて3段階)

「FiiO BTR3」では、最適なコーデックで接続されるので、超低遅延の「aptX Low Latency」に成るはずだからσ(^◇^;)レベルなら感じる事は出来ないはず
早速繋いだら、まじワイヤードイヤホンと何ら違いを感じない次元で「太鼓の達人(体験版)」を遊ぶ事が出来たのです。
やはりBluetoothはコーデック次第で結果が大きく左右されちゃいますね
Bluetoothは便利ですが、事GAMEとなると、まじで遅延に注意して製品選択しましょう
今回は手元にあった「Creative BT-W2」でしたが、SwitchやPS4(たぶんPS5)の音声をワイヤレスにするには「USB Type-C」の「Creative BT-W3」がお勧めで、手軽に取り扱えるしとっても便利です。
ただ、Bluetoothのコーデック「aptX Low Latency」に対応したヘッドホンやイヤホンを選ばないと不幸な事になってしまいますよ(^_^;

Img_1430
手元にある機材にBluetoothオーディオの送信機「Creative BT-W2」と「Nintendo Switch」に繋ぐ為の「USB Type-C」変換プラグ

Img_1439
「Creative BT-W2」と「Bose Sport Earbuds」だと、SBCコーデックで接続されるので音ゲーでは使い物になりません

Img_1434
「FiiO BTR3」では、超低遅延の「aptX Low Latency」が使え、まじワイヤードイヤホンと何ら違いを感じない次元で「太鼓の達人(体験版)」を遊ぶ事が出来ました

« 寝イヤ「BOSE QuietComfort20 IP BK」に引退勧告 | トップページ | Windows 10 October 2020 Updateが来たぁ »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝イヤ「BOSE QuietComfort20 IP BK」に引退勧告 | トップページ | Windows 10 October 2020 Updateが来たぁ »