2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 第3のNintendo Switch入手? | トップページ | 「PlayStation 5」当たった! »

2020年9月22日 (火)

キーボードは外角ぎりぎり、変化球で決めた

最高のキーボードを求めて、さんざ悩み狂っていたここ数年だけど、「Majestouch-MINILA-R-Convertible」と「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」で迷走しながら、結局結論など出る事は無かった
とにかく、腱鞘炎で悲鳴を上げてる右手に45gと押し圧の重いキースイッチは論外で、残された選択肢は「東プレ Realforce」しか残されて無いけど30gは秋葉で触った時に違和感しか無かった、すげぇ~微妙なんだよねぇ(--;) ウ
そこで気になっていた中華製静電容量式キースイッチを使って、押し圧35gとか言う「Niz社キーボード」の存在は、ネットのレビューを見ていて涎がしたたり落ちそうだけど、唯一の難点が現物を触れる場所が無いのと、何故か日本Amazonから一気に消滅してしまい、諦めていたら、急に「Akeeyo」から販売され始めたのよねぇ(^.^)【2020 アップバージョン】だって
もうこうなったら、右手優先で中華製静電容量式キースイッチを試したろうと、ポチッと・・・
さぁってぇ届いちゃったぞっとσ(^◇^;)買ったんだから当たり前
簡単に書くと、10キーレスの右側がキュッと寄ってる感じ・・・かな?
でも、上段左に[Esc]、間にファンクション有り、右に[Del]、右下には独立したカーソルキーが有り、いきなり使っても全く困らないキー配列には、壁という雰囲気は無い
USキー配列の為、IME切り替えに[Alt]+[`~]を使うのと日本語キーと違い[Enter]キーが薄いので[Enter]上に有る[\|]キーを押してしまうぐらいかなぁ
まぁこの辺は慣れてしまえば困らないだろうし、慣れなければキーマップ変更アプリで何とか出来ちゃうと思う
まぁ昔のPCではIME切り替えに[Alt]+[全角/半角]つかっていたから、特に困らないけど、身についてしまった癖はなかなか直らない物で(^0^;)やっと慣れてきた
さて、初めてのUSキーボードですが、Windowsの設定のキーボードレイアウトを英語キーボードに変更するだけですから、いや簡単、これだけです。
入力感覚は、音・感触的にスコスコって感じ、押し圧35gは絶妙で、キーの上に指を休憩させても誤入力もしないし、と~っても静か、静音キーボードを探すにも候補に入れて文句なし、Cheryy MXキースイッチの静音赤軸なんて敵ではございませぬ
もしかして、これって・・・無敵じゃねσ(^◇^;)?
今回はRGB仕様にしたからキー単位で発行色の変更とかできちゃうし、とにかく書くのが面倒なぐらい多機能なんだよねぇ・・・困っちゃう
それでもσ(^◇^;)にとってとりわけ重要なのは

①中華製だけど静電容量式キースイッチを使って、押圧35g(10g増圧可能用スプリング付)
②10キーレスの右追削いだ圧縮小型タイプだけど、ファンクションキーとカーソルキーが単独で有り、しかも密着していない
③USBポート(有線)/Bluetooth 4.0 ワイヤレス(無線)両方対応(USBレシーバー付)
④キーカスタマイズアプリにより、ごにょごにょできる
⑤Cheryy MXキー互換のキーキャップが使える

この辺ですかね、BluetoothでM/Bと繋ごうとしたら何故か駄目だったのが謎!(--;) ウ
それでも、付属のUSBレシーバー使ったら簡単にワイヤレスにできますから問題は無いです。
ただぁ・・・何が悪いのかなぁ?って見直したら、M/Bのアンテナ外してあったのを発見!
まいったなぁ(^0^;)ごにょごにょしている時に外したままだった様で、繋げたらあっさり繋がりました
だから、キーボードには何一つ責任は有りませんで、全てσ(^◇^;)のミスです(爆

そして、Bluetoothでは、iPhoneともすんなり繋がりましたよ、やっぱスマホもキーボードが使えるって超便利
Bluetoothの接続問題は解消されたけど、欠点というか充電式な仕様が残念ですねぇ・・・
やはり、電池式の方が面倒無くって使いやすいと思うんだけどなぁ、だって充電の度にUSBケーブルつなげなくちゃいかんとは、本末転倒でしょ?
その点、電池取り替えるだけで済むMajestouchやHHKBの方が利便性が良いです。

ソフト設定に関してですが最初、箱に貼ってあるQRコードから「84キー プログラムソフトウェア」をダウンロードしたけど動かない(--;) ウ
仕方ないので、NiZ本家に行って「Micro84key」のexeとdllを落としたら動いたですσ(^◇^;)いや解らん
ただ、このソフト、使うにはUSBでの接続が必要で、使い方を覚えるのにかなり試行錯誤が必要と、今三ぐらい解りません(笑
できれば、押したキーだけ発光させたいんだけど・・・気長に解読しましょう
多少、キーキャップの成型とか中華品質な一面もチラホラ見えますが「東プレ Realforce」や「PFU HHKB」に行かなくて良かったと実感できる部分は十分有ります。
お勧めは安いRGB無しの方ですね、Bluetoothの時は節電したいですし、もし年末に2万切ったら超お勧めします。
押圧35gは絶妙ですよ、こんなに気持ちの良いキーボードは始めてで、腱鞘炎の右手首も楽になっていますから、効果ありました。 
兎にも角にも大満足なσ(^◇^;)でした。
Img_1322
付属品一式σ(^◇^;)ショボいけどカバーが付いてて良かった、埃だらけになるの嫌いなんだImg_1329
10キーレスと比較しても、キー2列分狭くなっています。
USキーボードですから、邪魔なカナ刻印も無くσ(^◇^;)好みです 
Bt2

Img_1571
最初M/Bのアンテナ外れていて、ちと焦りましたが、Bluetoothでの接続はM/B・iPhone共に問題なく繋がりました。
最悪でも、付属のUSBレシーバー使えば簡単に繋がりますので、Bluetoothのリビジョンが古くなければ心配ないと思います。
Img_1022 
USキーボードですが、Windowsの設定のキーボードレイアウトを英語キーボードに変更するだけです
「FN]+で操作できる機能は豊富で、何の為にあるのか解らない機能もσ(^◇^;)
Img_1364
 RGBもキー単位で発行色などを変更できますが、まだ予定の発光パターンに設定できませんσ(^◇^;)とりあえず、押されたキーの周りが変色する様になってます
Kb_1
最初、箱に貼ってあるQRコードから「84キー プログラムソフトウェア」をダウンロードしたけど動かない(--;) ウ
仕方ないので、NiZ本家に行って「Micro84key」のexeとdllを落としたら動いたですσ(^◇^;)いや解らん

« 第3のNintendo Switch入手? | トップページ | 「PlayStation 5」当たった! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3のNintendo Switch入手? | トップページ | 「PlayStation 5」当たった! »