2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 焼肉トラジ美味かった | トップページ | キーボード修理したる »

2019年11月22日 (金)

神保町で古の秋葉を思い出す

毎日々昼飯に悩む仕事先
それこそ神保町駅周辺の食事処は腐るほど有るけど、残念ながら事務所からの距離だと一番多い地域に向かうと、それこそ昼休み時間が足りなくなるのです。
その為、気に入った店は決まっていて、それを巡回するだけではさすがに飽きてしまったんだよねぇ・・・
お安い部類の「キッチン南海」は、最近異常な行列で全く並ぶ気にもなれないし、やたらラーメン食いたいなぁって、思い切って神保町の交差点を渡り少しラーメン率の高い水道橋方面へ足を向けてみました。
そこに飛び込んできた「生姜醤油」の文字(!o!)オオ!
関東でのラーメンブームが始まり、豚骨系が急激に伸びた中、醤油系は衰退する一方で、複雑な気持ちのσ(^◇^;)だったのですが、醤油系でも特に「生姜醤油」には思い入れがある為、気がついたら入店していました(爆
「生姜醤油系」は「長岡系ラーメン」として知る人は知っていますが、これが意外と東京での存在感は非常に薄く、秋葉原の「青島食堂」しか知りません
店名は「可以」さて、 ここの味はどうなのか?
見た目はガッツリ「長岡系ラーメン」を継承していて、大好きなお姿(^.^)
味は?というと・・・生姜醤油がぐわぁっと来るよね、これこれぇこれだよぉ~「長岡系ラーメン」(T_T)うれし泣き
σ(^◇^;)はこれが食べたかったのだぁ、「青島食堂」は位置的に、行動範囲から外れていて足が向かないだけに、昼に食えるなんて感動でしゅ
そうなると、古の記憶に燻る伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』の味が反芻してきますが、違う意味で残念だけど「青島食堂」同様とても上品な仕上がりなんです・・・美味しいよ・・・でも・・・
やはり「ラーメンいすず」は、同じ生姜系でも「長岡系」では無いのでしょう
「ラーメンいすず」は有名ですが、実はその味を作ったのは、反対側(現在:カラオケ館 秋葉原店)にあった「ラーメン小林」の店長で、σ(^◇^;)は混雑する「ラーメンいすず」を避けて「ラーメン小林」の方に良く行ってました。
今思えば、味は生姜に大蒜の入ったもっと下品で、現在の「長岡系」とは似てるけど別物だったなぁっと記憶の味を弄ぶだけになってしまっています。
それは、「ラーメンいすず」は移転したが消滅し、「ラーメン小林」も上野で「東京らぁめん 青龍」として経営していましたが、すでに閉店してしまっているからなのです。
でも、上品だけど「長岡系ラーメン」がまだある、「可以 には、週一で通いましょう(^_^;)\(・_・) オイオイImg_0983 Img_0984 Img_0982

« 焼肉トラジ美味かった | トップページ | キーボード修理したる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼肉トラジ美味かった | トップページ | キーボード修理したる »