2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« つづいているけど | トップページ | 本物なのか?謎すぎだぞこいつ »

2017年9月10日 (日)

オペアンプ交換

IMG_2072方向性が変わってしまったが、「iPod Touch」+「ONKYO ND-S10」(光) →「FOSTEX HP-A3」(RCA)→ アンプと繋いで音だししたら、めざましい改善が出来たので、これを良い事にさらなる音質改善でも!
で、何をするのか?
それはオペアンプ交換でチョメチョッメしたろうって事です(^_^;)
FOSTEX HP-A3には「OPA2134PA」が最初から搭載されています。
そこで、昇天してしまった「AT-HA35i」時代に使っていた「LME49860NA」「MUSES8920D」「OPA2211」が手元に有るので、良くなるかどうか試して見ました。

「標準搭載 Burr Brown:OPA2134PA」
:こんもりとした膨らみの有る優しい音で、さすがにHP-A3に合わせてあるオペアンプだなと納得させられますがσ(^◇^;)的には籠もってる感じが残るところが残念です。

「National Semiconductor LME49860NA
:解像度も定位も有り、無難に鳴ってくれますが、慣れてくると物足りなくなってくる感じです。

「Burr Brown:OPA2211
これがBurr Brownの音なのかな?「OPA2134PA」と同じ傾向で、やはりもう一歩抜けが悪い

「新日本無線(株):MUSES8920D
奥行き定位に解像感、どれを取っても無難にこなす、かなりの優等生
安いしもうこれで十分かなぁ・・・っと思わせるオペアンプです。

とりあえず、今回は「新日本無線(株):MUSES8920D」に決めました。
OPA2134PAと比較して、山が高く大口に成らない所が気に入っています。
この辺はもう好みですね(^.^)

IMG_2078 IMG_2077 IMG_2086

« つづいているけど | トップページ | 本物なのか?謎すぎだぞこいつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つづいているけど | トップページ | 本物なのか?謎すぎだぞこいつ »