2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« あま~い連休 | トップページ | 快適すぎて »

2017年5月 7日 (日)

さぁ使おう

新たなポータブルアンプ「Chord Electronics Mojo」をポチッとして、手元に届いた訳ですが、早速「開封の儀」として内容物の確認ですね
ネット等で見た写真ですと、白い箱だったのですが、届いた箱は「黒」かったσ(^◇^;)あれ?
ま、気にしませんけど、これがまたApple製品並みに何も入っていないんですよ
マジで「簡易な説明書・本体・USBケーブル」だけ!(°°)

IMG_1937 IMG_1938 IMG_1939
そりゃ操作は簡単ですが、一番の特徴で有る光るビー玉の意味を知るのには流石に困ったのでネットで説明書確認した程です
本体に付いている物と言えば、接続端子として「3.5mm同軸、四角TOSLINK光S/PDIFデジタル入力、DAC用と充電用、2つのマイクロUSB端子」が用意されています。
反対側には、何故だか?「3.5mmヘッドホン端子」が2つ搭載・・・謎だか、後々役に立つ事が判明
「iPod Touch」と接続するには、残念ながら直結は出来ず「Lightning - USBカメラアダプタ」が必要になりますので、こちらも同時にポチッとしておきました。
これからが一番の問題です。
DAPと併せてどうやって持ち歩くか?
「HA-2」では「iPod Touch」と貼り合わせて丁度良いサイズだったので困らなかったけど、「Mojo」は小型なので位置取りが難しいが・・・弱いマイクロUSB端子に負担を掛けない様思案した結果、多少位置をずらして両A面的にセットする事に決定です。
これだと、ポケットに入れた時、マイクロUSB端子に負担が掛からなくて済みます。
IMG_1941 IMG_1943
IMG_1945 IMG_1946
しかも、「Mojo」のビー玉ってめくら操作に最高なんですよ、
見た目は「音量・サンプリングレート。バッテリー容量等」でそれぞれ割り当てられた玉が色付きで輝く様に出来ていて、視覚的に状態を認識できる様に出来ていますが、移動時は普段、ジャケットの胸ポケットに入れて居るので、そんな効果は無意味
でも、音量調整は随時必要ですし「HA-2」ではボリュームが上に出てくるので悩む事は有りませんでした、がぁ、「Mojo」も悩む事必要は全く有りませんでした。
なんと、服の上からビー玉の位置が解るし、ポチポチクリックするだけでの操作なので、とぉ~っても簡単なんです。
普通のポタアンならこんな事出来ません、「Mojo」だから出来る技で、あの奇抜なデザインって、もしかしてだけどぉ、もしかしてだけどぉ「Mojo」のビー玉ってそう言う狙いなのぉ(^_^;)ってかぁ
操作はもう完璧です。
問題は音ですね、良いぞ良いぞとの情報は有るけど、なんせ試聴しないで購入してしまったので(爆
「HA-2」との比較ですが、言葉で表現するならば、とにかく濃い「音が濃い」のです。
アンバランス接続なので、中心に集まる音の凝縮感が半端ない
だからと言って籠もっている訳ではなく、逆にどこまでも突き抜ける訳でも無く、可聴域に凝縮された音が満遍なく頭に流れ込んでくる感覚が「HA-2」とは正反対な性格でした。特に中低音の濃度が素晴らしく、性格の似ている「HA-FX850」でも解像し切れていないのが誤算かも(^_^;)へたってきてるのかな?
再生側が負けなければとっても良いアンプだと思います。
確実に言える事は、「HA-2」にはもう戻れなくなってしまった事ですね(^^)

« あま~い連休 | トップページ | 快適すぎて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あま~い連休 | トップページ | 快適すぎて »