2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« MVNO欠点を補おう | トップページ | これもポケGO対策 »

2016年8月28日 (日)

迷走するイヤピース選び

冬はヘッドホン、夏はイヤホンを軸に日々堪能するモバイルオーディオはσ(^◇^;)にはもう無くては成らないアイテムになっちゃっています。
ただ、そこには、音が鳴れば良いってもんじゃなくって、可能な限り快適に音楽が聴きたい~ってのが目標にあるのです。
冬場はヘッドホンなので、今のところ安定しているけど、夏場のイヤホンが大問題!
現在メインが“JVC HA-FX850”で、予備が“Ultimate Ears UE900”だが、メインの“JVC HA-FX850”が問題児なんです(^_^;)
決まった場合の音には全く不満はありません、問題なのはイヤピースの装着感が悪く、購入して2年経過してもまだまだ納得できない迷走状態なんです
そこにやっと光明が見えた感じ
“JVC HA-FX850”には、スパイラルドットイヤピース(S,M,L)と低反発イヤーピース(S,M)が付属しています。
このスパイラルドットイヤピースは、専用なだけに良く出来ていて解像度が高く耳に合えば全く問題の無い音質を得る事が出来ます。
ただσ(^◇^;)には合いませんで、構造的に滑りやすいのか?
本体自重に負けて、使っている耳穴にぴたっと収まってくれずとても外れやすい(--;) ウ
何とか留めてもいても、音の振動でイヤピースが振動しているのか?耳穴がむず痒くなってしまい快適と言うより不快・・・
もしや、イヤピースのMサイズが合わないのか?と思い、少し大きなMLサイズに変更しても大きくて駄目、逆に少し小さなMSサイズだとスポスポで全く駄目(T.T)
ならば、付属の低反発イヤーピースでは?高域が消えてしまい好みに合いません
コンプライ Ts-400シリーズとTx-400シリーズも試しましたが、装着感は良いけど音質に納得できず、試しにSONY ノイズアイソレーションイヤーピースを使ったらかなりしっくり来たので決まったかな?と感じたけど次第に高域に不満が・・・
そこで、ふとSONY ノイズアイソレーションイヤーピースをパクってコンプライの先っぽを切ってスパイラルドットイヤピースに填めると、耳穴への安定感が極めて良くなり緩みやむず痒さも無く、音質的にも最高~だったけど、今度は固くなりすぎて別の痛みが発生(T.T)
コンプライのスポンジでは密度が高すぎなんだろうと思い、SONY ノイズアイソレーションイヤーピースのスポンジを移植したらもう完璧!!
耳穴との安定感は完璧!
音質もオリジナルのままですので、全くの曇りなく問題なし!
スパイラルドットイヤピースとの馴染みで悩んでいる方が居たら、超お勧めの簡単改造でお勧めです。

これで終わったと思っていたが、超快適なんだけど、耳穴に時々痛みがでる事が有るのでσ(^◇^;)には体質的に形が合わないようです。
なので現在“ NOBUNAGA Labs UE-1”を使用中(爆
スパイラルドットイヤピースと比較すると高域に難点がありますが、コンプライより解像度が高く、色違いを使う事により左右の認識が楽になったので良いかなと(^^)満点じゃ無いけど

評価:スパイラルドットイヤピース改>NOBUNAGA Labs UE-1>SONY ノイズアイソレーションイヤーピース>コンプライ Ts-400シリーズとTx-400シリーズ>付属の低反発イヤーピース

IMG_1609 IMG_1611 IMG_1605
スパイラルドットイヤピース(M) スパイラルドットイヤピース(ML) 付属の低反発イヤーピース
IMG_1603 IMG_1621 IMG_1616
コンプライ Ts-400シリーズ コンプライ Tx-400シリーズ SONY ノイズアイソレーションイヤーピース
IMG_1618 IMG_1617 IMG_1623
スパイラルドットイヤピース
(改1:コンプライ移植)
スパイラルドットイヤピース(MS)
(改2:SONY移植)
NOBUNAGA Labs UE-1

« MVNO欠点を補おう | トップページ | これもポケGO対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MVNO欠点を補おう | トップページ | これもポケGO対策 »