2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 犬山城天守到着 | トップページ | 名古屋城どころではなくなった »

2015年9月22日 (火)

天守(望楼)に到着

AL3J4242急な階段を上って上ってやっと4階天守(望楼)に到着
高欄の間の廻を廻縁で取り囲まれた構造になっています。
高欄の間の中には、歴代城主と国宝の証が飾られていて、その歴史を感じさせてくれますが、その歴史の中で、濃尾大地震による被害後、修理を条件として県から旧藩主成瀬家に譲渡され、約束通り旧藩主成瀬家と犬山町民の力で天守を維持修復しているのだから凄いですね、その後国宝となり全国唯一の個人所有の城として有名になりました(現在は「財団法人犬山城白帝文庫」の所有)
ある意味、この規模だから実現出来たのかもしれませんが、凄い事です。

AL3J4313-Pano AL3J4317
AL3J4300-Pano AL3J4321
AL3J4315 AL3J4318 AL3J4319
AL3J4308 AL3J4305 AL3J4326

話がそれてしまいましたが、下から見上げると、それほど高さを感じない天守閣も、立地ですねぇこれ廻縁に出とこれ絶景!!
やはりこれぐらい見えないと守りの役には立たないって事なんでしょう
でも、城下町側より木曽川方面の方が眺めは良いですねぇ、時間が合えば鵜飼いも遠くに見えますよ
ところで、現代的に見ると廻縁の手摺りは低く、注意書きがあるほどです。
安全確認はしていると思うけど、体を預けるのは止めた方が良いと思います(^_^;)落ちますよ
う~ん・・・本物の天守閣を見る事が出来て満足!
でも、忘れてはいけません、行は良い良い帰りは怖い、怖い怖いと泣いて降りる事の出来ない子供が居るほど恐怖の階段との格闘が待っています(爆

ところで、帰りの気がついた事ですが、「国宝 犬山城」記念碑の反対側に、歴代の犬山城主並びに戊辰戦争から太平洋戦争までの戦没者が祀られている「犬山神社」が有ります。
σ(^◇^;)も含めて残念な事ですが、皆、犬山天守閣しか見てないので気がつかないで通り過ぎてしまう地味な神社
鳥居をくぐっても、やはり地味ですが、是非とも寄りましょう

AL3J4331 AL3J4334

ついでといっては何ですが、お腹空いたので目の前にあったお店でお昼にしましたが、注文した「味噌鍋焼ききしめん・焼ききしめん・特製冷し味噌かけ豆腐」・・・残念でした・・・

IMG_0880 IMG_0881 IMG_0882

« 犬山城天守到着 | トップページ | 名古屋城どころではなくなった »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬山城天守到着 | トップページ | 名古屋城どころではなくなった »