2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ハピネス・イズ・ヒア | トップページ | ダンサーさんを忘れていた »

2013年5月 5日 (日)

ハピネス・イズ・ヒア後半

さぁ、豪華絢爛な姫系の登場です・・・白雪姫は・・・ですが(^_^;)
最初に登場するのが、『アラジン』自走木馬のジーニー
巨大象に変身したアブーが、背中にアラジンとジャスミンを乗せて来ます・・・が、少々高過ぎで、パレードルートに座っていたら見え難いっす。
そして、新人ラプンツェルがいきなり下克上、白雪姫を蹴落として、マキシマス木馬をゲットし「ブリブリ可愛らしさ」を振りまいていました(爆
続くスワンのフロートには。オーロラ、シンデレラ、ベルと3人の王道姫が乗っています。
やはり人気度が違うのか?
スワンに連結されてティンカー・ベルは草花に囲まれた単独フロートートで登場!!
ただ、好きだったらアウト側を選びましょう(^_^;)インはおしりばかりになります
ここで、謎だったのがひよこみたいなのが歩いていたのです。
一瞬カリメロ?を思い出し、色が違うので、何故にチキンリトル?と悩みましたが、めがねがない・・・答えは「みにくいあひるの子」だったようです(--;)混乱しました

7S3Z7865 7S3Z7894 7S3Z7902
7S3Z7939 7S3Z7949 7S3Z7965
7S3Z7968 7S3Z7988 7S3Z8022

世界が変わり『不思議の国のアリス』のパートに移り、先頭は、もちろんアリス
あおいもむしに乗って、やはりブリブリっと、マッドハッターは、かわいそうに一人でおもちゃを引っ張っています(^_^;)拷問?

フロートのハートの女王存在感は圧倒的ですが、珍しくキャラクターとしては登場せずに、代わりに小さい王様が歩いて居ました?

くまのプーさんのパートは、ラビットがカルーセルで現れ、ズオウが歩いて登場しています。
フロートには、ティガーとプーさんが乗り、見るからにプーさん的で、ハチミツ満載、ハニーハントから出てきた様な世界観がぴったりでした。

7S3Z8030 7S3Z8079 7S3Z8111
7S3Z8115 7S3Z8134 7S3Z8177
7S3Z8193 7S3Z8219 7S3Z8241

フィナーレには、一番カルーセルが似合うメリー・ポピンズとバートが、自走木馬に乗って先導します。
カルーセル型のフロートに乗っているのは、ドナルド、デイジーと、プルート、チップ&デールと王道キャラが登場してきました。
先頭にドナルド、デイジーがじゃれ合い後ろでプルートがわちゃわちゃしている感じですけど、30周年衣装はここでしか拝めませんので大事にしましょう(爆
このフロートの高さは手頃で、キャラクターもとても見やすくなっていますが、チップとデールはアウトインで分かれているので注意が必要です。

最後にやっとミッキー&ミニーがハピネスバルーンで作った気球に乗って登場しますが、このフロートが最悪(--;) ウ
やたら高さがあって、迫力がありますけども、籠のロープ?がやたら太くて邪魔で、ミッキーミニーがイチャイチャしていても常に被って邪魔をしてくれます。
せっかく30周年衣装に会えるのはここだけなのに、ペアでの素敵な写真を残す事はほぼ不可能!!
そして籠の高さ故に見えるのは膝上からがやっとで、もう泣きたい気分(T.T)
昔ならば、キャッスルショーでのお披露目が有るから良かったけど、現在はそんな物期待できませんし、このフロート、速攻で改善を希望いたします。
後ろのグーフィーとミッキーのデザインも良いのに、四隅にあるこの邪魔物だけ何とかしてくださいよう・・・

とりあえず、初見で思った事を書いてみました。
一見豪華そうで、しょぼしょぼですけど、ディズニー王道なパレードの基本は踏まえています。
まぁこれが30周年に相応しいかどうかは?色々な意見があると思いますけど、ケチった割には良くやってると思います。

それよりも、パーク内のお祭り度が低すぎる方が問題な気がして成りません。
アトラクションで釣れば放って置いても客が来るからねぇ・・・

7S3Z8262 7S3Z8273 7S3Z8296
7S3Z8319 7S3Z8366 7S3Z8378
7S3Z8584 7S3Z8592 7S3Z8568

« ハピネス・イズ・ヒア | トップページ | ダンサーさんを忘れていた »

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハピネス・イズ・ヒア | トップページ | ダンサーさんを忘れていた »