2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« アンティークな時計も | トップページ | 不公平な輪番停電 »

2011年3月12日 (土)

報告

無事、帰宅しています。
関東圏内での生活の中で、昨日は過去最高の大地震を体験しました。
地震発生時は、次第に大きくなる揺れでしたので、遠方の地震だとは判断しましたが、ビルが壊れるのかと思われるほどと言いましょうか?恐ろしいほどグニャングニャンに揺れていました。
実際、あそこまでグルグルと揺れるとは思いませんでしたが、大きい揺れが納まりつつ有る時に窓から見えるビルを見たら、CG映画の様にグラグラ揺れているのを見て、その大きさを改めて実感できた事を思い出します。
屋上に通信用の大きなアンテナを設置してあるアンテナは、釣り竿みたいに揺れていました。
地震発生後、新鮮な亀裂が方々で確認できていますし、とにかく凄かったです。
地震後、避難命令が発生されてビル外に避難したが、他のビルからも一斉に避難をしたため、歩道は人で溢れてしまい、歩道での避難は意味を成さない感じていました。
車道はと言えば、首都高が閉鎖された事からすでに車で埋め尽くされ、渋滞が始まり機能しなくなり始めていました。
その為、事故の発生していた九段会館への救急車等と思われる緊急車も、思う様に進めない様な実態です。
σ(^◇^;)の仕事場は竹橋でして、皇居前なんですけど、皇居のお堀周りも同じ状態で歩く事もままならない現状で、皇居内には入れませんから、歩けないと北の丸公園まで行けませんので、現実は避難できないって事です・・・
昨日は仕事柄、避難解除後徹夜での対応になってしまいましたが、コンビニですら空になって閉店してしまったり、夜中も道路は駐車場状態で非現実な姿をさらけ出していました。
続けて仕事をしている方々が心配ですけども、薬切れから限界を感じ、朝になって帰宅の路についたは良いけどそこから新たな戦いの始まりでした。
地震発生後、鉄道路線は壊滅状態でしたが、次第に復旧が進みTVでは運転再開との情報があっても実際は全く動いていません。
そこで、帰宅方法を色々検討しつつ駅を歩いて渡っていたのですけども、主要駅では鉄道難民で溢れかえり、どれだけの難民行列なのか見当も付かない感じでσ(^◇^;)の身体状態ではとても並ぶ意志は持てませんし確実に倒れそうです。
最終手段として、タクシーゲットして何とか帰宅して一休みし終わったところです。
タクシーも駅では何時間並ぶか?解りませんから、土地勘を活用しマイナー道で待機して捕まえました。
東京ですらこの状態です、被災地は映像以上の想像もできない状態だと感じます。
言葉も思いつきません・・・

« アンティークな時計も | トップページ | 不公平な輪番停電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タクシーで2時間も掛かりましたが、体が楽だと思い無事の帰宅を愛情?ご飯を作って待って居ました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報告:

« アンティークな時計も | トップページ | 不公平な輪番停電 »